<
共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

必見!洋梨型体型を改善する具体的対策法!


洋梨型の体型を改善・解消する為の対策とは何か?
具体的に説明します。

 

 

まず、洋梨型肥満の人はある程度遺伝子により、通常の人よりも生まれつき腰回りや下半身に脂肪が付きやすいという事を覚えておいてください。

 

 

残念ながら遺伝子は変える事が出来ませんので、その遺伝子を持った人でどのように対策すると洋梨型肥満が解消できるのかを説明します。洋梨型肥満の人が持っている遺伝子については「肥満遺伝子と洋梨型」で説明しています。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

洋梨型肥満を解消改善する為の具体的対策


洋梨型肥満を解消する為の具体的な対策ダイエットは骨盤矯正と下半身の筋力アップ、そして皮下脂肪が蓄積されないように脂質や糖質などを抑えた食生活をする事です。

 

チェック!洋梨型肥満の解消法
骨盤の矯正
下半身の筋力運動を定期的にする事
塩分や脂質・糖質を抑えた食生活

 

 

 

 

対策@骨盤矯正をする為の姿勢矯正を実施する!


まず、洋梨型の人は骨盤が歪んでいますので、それを矯正する事から始めて下さい。
骨盤が歪んだままでは、他のダイエット方法を実践しても効果がなく、骨盤の歪みのせいで、通常よりも肥満を促進する働きがアップしてしまうだけなのでまずは骨盤矯正がポイントです。

 

 

骨盤矯正と言うと骨盤矯正運動や骨盤を正常化させる為のトレーニングなどを考えると思いますが、一切運動やトレーニング、ストレッチなどはしなくても骨盤は正常化します。さらに、運動やトレーニング法、ストレッチ法などで骨盤矯正をしても再度骨盤が歪む可能性があります。

 

骨盤矯正の最も確実な方法は「姿勢を正して生活する事」です。とても簡単な事です。
骨盤に歪みや開きがある場合は姿勢が正しい姿勢になっていないケースがほとんどです。

 

 

猫背や反り腰、巻き肩などの悪い姿勢はそれだけで骨盤に負荷を与えます。
逆に正しい姿勢を長期間続けるだけで骨盤へのダメージが無くなり骨盤は元の状態に戻ります。つまり、骨盤が正常化します。

 

 

 

正しい姿勢については自分の姿勢が悪いかどうかは分かりずらいと思います。
その場合は着るだけで姿勢が正しい姿勢でいる状態に出来る姿勢矯正系の商品があります。
そのような姿勢矯正商品を身に着けて正しい姿勢を身体にインプットさせるとスムーズに正しい姿勢になれて、骨盤への負荷もなくなり骨盤の正常化が期待出来るようになります。

 

姿勢矯正系の商品については「ランキング1位の姿勢矯正商品」で紹介しています。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

対策A下半身の筋トレ・無酸素運動を実施する!


次にする事が、毎日の下半身の筋トレ運動です。
毎日の運動は雨でも時間的に余裕がない場合でも出来るように屋外ではなくて屋内で出来る運動が好ましいです。

 

 

出来れば下半身の筋力を上げるグッズ等を使って自宅にて毎日寝る前でも実践すると効果があります。
この下半身の筋力を上げる運動による効果は下半身の皮下脂肪を落とすだけでなくリンパの流れをよくする事にも繋がります。
リンパの流れが悪く代謝が悪くなる事で下半身を中心に身体全体に脂肪が蓄積しやすくなりますので、洋梨型脱却には必須になります。

 

 

ダイエットの時の運動はジョギングなどの軽い有酸素運動を思い浮かべると思いますが、洋梨型肥満の場合は効果がほとんどありません。
有酸素運動の多くは筋力を付ける為の運動ではなくて、脂肪を燃焼させる為の運動です。
脂肪燃焼も大切ですが、洋梨型肥満では下半身の筋力を付けるトレーニング的な運動が重要です。

 

 

足上げやスピードダッシュ、又は踏み台昇降なども激しい運動として有効です。
これらは無酸素運動と言われて継続性が難しい運動ではありますが、下半身の筋力がアップされば必ず洋梨型肥満の特徴である下半身太りは脱却する事が出来ますので毎日少しづづでも筋力アップトレーニングをしてみましょう!

 

下半身強化に役立つサポートグッズは「ランキング1位!下半身強化サポートグッズ」で紹介しています。

 

 

 

 

対策B塩分や脂質・糖質を抑えた食事療法


食事の場合も毎日の食事で、「洋梨型肥満の食事のルール」を守って食べてください。食事のルールとは脂質を控えた食事ですが、洋梨型の人は通常の人よりも脂質が高いものを好む傾向があるので、まずは野菜や海草類、キノコ類を中心に多めに食べてください。

 

腹6分くらいになったら主食のごはんやパン、パスタ等を食べてほぼ満腹状態になってきてから始めて脂質がある食べ物を食べると良いでしょう。

 

脂質も全く食べないとそれもストレスになるので少量だけは摂取したほうが良いです。しかし、少量を守るためのルールとしては始めに食べてしまうと多めに食べる事に繋がるので、お腹がいっぱいになってから脂質を食べると「食べた」という満足感もありますし、少量で済みますので、このルールを守って食事をすると良い方向へ向かいますよ!

 

 

また、塩分を多めに摂取する事も禁止です。塩分の摂取は水分補給を促します。
洋梨型肥満の多くはむくみが生じやすい体質です。水分を多めに補給すると「むくみ」がすぐに出てしまうからです。
これも水分補給を促進しない程度の適度な塩分量を把握する事が大切ですね!

 

 

具体的な洋梨型肥満の為の食事のルールについては「洋梨肥満の人の食事方法」で説明しています。

 

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

骨盤矯正の為の姿勢矯正商品(女性)
骨盤矯正の為の姿勢矯正商品(男性)
下半身の強化商品
身体の代謝率をUPさせるサプリメント
下半身を引き締める商品
セルライト対策商品
肉割れ対策商品



スポンサードリンク

TOPへ